RSS

旭硝子、タイの塩ビメーカー買収

2016年12月15日(木) 00時55分(タイ時間)
【タイ】旭硝子は14日、タイ証券取引所(SET)上場の塩化ビニール樹脂(PVC)メーカー、ビニタイの株式59%を104・5億バーツでベルギー化学大手ソルベイから取得すると発表した。

 東南アジアの苛性ソーダとPVCの市場は年率5%程度の成長が見込まれる。旭硝子は東南アジアでPVCの生産拠点があるインドネシア、ベトナムに続き、タイに生産拠点を確保し、地域の需要拡大に対応する。

 ビニタイはPVC、苛性ソーダのほか、接着剤や塗料の原料となるエピクロロヒドリンを製造。2016年1―9月期は売上高112・7億バーツ、最終利益3・2億バーツだった。
 
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】旭硝子は6月30日、2014年に買収したベトナムの塩化ビニール樹脂(PVC)メーカー、フーミー・プラスチック・アンド・ケミカルズの社名を「AGCケミカルズ・ベトナム」に変更したと発表した。

【タイ】旭硝子(AGC)は遮熱性能を高めるLow―E膜をコーティングしたガラスのタイでの生産能力を50%増強する。タイ子会社AGCフラットガラス・タイランドのバンコク郊外のサムットプラカン工場で設備...

【ベトナム】旭硝子は2014年に買収したベトナムの塩化ビニール樹脂(PVC)メーカー、フーミー・プラスチック・アンド・ケミカルズ(PMPC)の設備能力を増強し、2016年初頭をめどに、年産能力を現...

【タイ】旭硝子はタイ子会社AGCフラットガラス・タイランドのタイ東部ラヨン工場に、主にノート型パソコンなどのタッチパネル用カバーガラスに使用される薄板ソーダライムガラス専用生産設備を新設する。供給...



新着PR情報