RSS

韓国向けタイ産鶏肉出荷、12年ぶりに再開

2016年12月15日(木) 22時21分(タイ時間)
レムチャバン港で行われた輸出再開式典の画像
レムチャバン港で行われた輸出再開式典
写真提供、Charoen Pokphand Foods Plc
レムチャバン港で行われた輸出再開式典の画像
レムチャバン港で行われた輸出再開式典
写真提供、Charoen Pokphand Foods Plc
【タイ】韓国政府がタイ産鶏肉の輸入禁止を12年ぶりに解除したことを受け、15日、タイ東部のレムチャバン港から、解禁後初となる韓国向けの鶏肉15・2トンが出荷された。

 韓国は2004年、タイで高病原性鳥インフルエンザが流行したことを受け、タイ産鶏肉の輸入を禁止した。今年11月になり、輸入禁止を解除し、衛生面などの審査に合格したタイの鶏肉会社12社からの輸入を許可した。

 日本も2004年からタイ産鶏肉の輸入を禁止し、2013年に解除した。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は6日、中国の鶏肉製造加工会社、中糧肉食(宿遷)を買収すると発表した。

【タイ】穀物メジャーの米カーギルは5000万ドルを投じ、タイ東北部ナコンラチャシマ県の鶏肉加工工場を拡張する。2018年第1四半期稼働の予定で、約1400人を新規雇用する。

【タイ】タイ商務省によると、2015年のタイの鶏肉(冷凍、冷蔵、加工)輸出量は前年比14%増の62万2071トン、輸出額は4・5%増の24億500万ドルだった。

【タイ】ハナマルキは3日、タイに現地法人「ハナマルキ・タイランド」を設立し、「液体塩こうじ」の販売に乗り出すと発表した。タイの鶏肉加工工場に売り込みを図るほか、現地の日本食店などへの販売も視野に入...

【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)はオランダの食品会社アグロ・インベスト・ブリンキのロシアの鶏肉製造事業を6億8000万ドルで取得する。



新着PR情報