RSS

番組コンテンツ代不払い 21世紀フォックスがタイの地上デジタルテレビ事業者ら提訴

2016年12月15日(木) 22時21分(タイ時間)
【タイ】米メディア大手21世紀フォックス傘下のフォックス・ネットワークス・グループ・アジアは13日、銀行保証契約に違反したとして、タイのバンコック銀行に支払いを求める訴訟を香港とタイで起こしたと発表した。

 フォックスによると、同社は2013年、タイの地上デジタルテレビ事業に参入したタイ芸能大手GMMグラミー、ケーブルテレビ会社CTHの2社と番組コンテンツの販売契約を結び、バンコック銀行が2社の支払いを保証した。契約額は約7100万ドル。しかし、2社は支払いを行わず、バンコック銀行も保証契約を履行していないという。

 この件について、バンコック銀行は14日、CTHが、フォックスが契約に違反したとして、同行に支払いを行わないよう通知してきたため、支払いを見送っていると説明した。バンコック銀行によると、フォックスはグラミーとCTHに対しても、支払いを求める訴訟を起こしている。

 タイでは2013年に地上デジタルテレビ放送の事業権入札が行われ、24のチャンネルが計509億バーツで落札された。フォックスによると、バンコック銀行は地上デジタルテレビ事業者24社のうちの14社に対し、合計6億ドルの銀行保証を行ったという。

 地上デジタルテレビには新聞、雑誌といった紙媒体や音楽芸能関連の企業の新規参入が多かったが、事業権料の負担、過当競争などで、多くの事業者が苦境に陥っている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの新聞「バーンムアン」が12月31日で廃刊することが明らかになった。発行元のナワキットバーンムアンによると、新しいメディアの台頭で事業継続が困難になった。

【タイ】タイ証券取引所(SET)上場の出版印刷大手アマリン・プリンティング・アンド・パブリッシングは経営の急激な悪化を受け、タイ最大規模の財閥TCCグループの傘下に入る。

【タイ】タイの有料テレビ大手CTHは8月末で放送を停止する。自社ホームページを通じ、明らかにした。「経済情勢により、サービスの停止を余儀なくされた」としている。

【タイ】放送通信事業を管理監督するタイ国家放送通信委員会(NBTC)は25日、2014年に始まった地上デジタルテレビ放送24チャンネルのうち22チャンネルが2年目の事業権料を同委に支払ったと発表し...



新着PR情報