RSS

成田空港、ホンダの燃料電池車 クラリティ を導入…エコ・エアポート基本計画

2016年12月19日(月) 23時11分(タイ時間)
ホンダ・クラリティ・フューエル セルの画像
ホンダ・クラリティ・フューエル セル
ホンダ・クラリティ・フューエル セルの画像
ホンダ・クラリティ・フューエル セル
成田空港は12月19日、ホンダの燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエル セル』を業務用車両として導入すると発表した。

同社は「エコ・エアポート基本計画」に基づき、空港内で使用される車両についてハイブリッド自動車、電気自動車などの低公害車の導入を推進。同社の業務用車両についても低公害車の導入を積極的に進めている。今回、これらの取り組みをさらに推進するため、クラリティ フューエル セルの導入を決定した。

成田空港では今年、首都圏空港初の一般客向け水素ステーション「成田水素ステーション」の営業を開始。今回のFCV導入により水素社会に向けたさらなる一歩を踏み出すとともに、今後も様々な施策により、空港運用に伴う環境負荷低減への取り組みを進めていく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報