RSS

ANAとJAL、2月から燃油サーチャージ復活

2016年12月20日(火) 00時41分(タイ時間)
【アジア】ANAグループとJALは現在無料となっている国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2017年2月1日発券分から再設定する。

 燃油価格が上昇したため。新たに設定する燃油サーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼韓国、極東ロシア200円▼中国、香港、台湾、マカオ500円▼ベトナム、フィリピン、グアム、サイパン、パラオ1000円▼タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア1500円▼ハワイ、インド、インドネシア、スリランカ2000円▼欧州、北米、中東、オセアニア3500円――。
《newsclip》

注目ニュース

JAL、再利用と他者推奨で1位を獲得---顧客満足度newsclip

日本航空(JAL)は、サービス産業生産性協議会が実施した「2016年JCSI(日本版顧客満足度指数)第4回調査結果」の国際航空部門「ロイヤルティ(再利用意向)」「他者推奨意向」が1位となった。

JAL、羽田―バンコク線に席数減らした新客室仕様機投入newsclip

【タイ】日本航空(JAL)は新客室仕様「スカイスイート777」のボーイング777―200ER機を18日から羽田―バンコク線のJL031便/JL034便に導入する。

特集



新着PR情報