RSS

インドで地下鉄駅のアクセス向上プロジェクト開始---トヨタモビリティ基金

2016年12月22日(木) 22時10分(タイ時間)
ベンガルール市繁華街 (c) Getty Imagesの画像
ベンガルール市繁華街 (c) Getty Images
ワールド・リソース・インスティチュート(WRI)とトヨタ・モビリティ基金(TMF)の画像
ワールド・リソース・インスティチュート(WRI)とトヨタ・モビリティ基金(TMF)
トヨタ・モビリティ基金(TMF)は12月22日、地球環境や都市交通の課題に取り組む非営利団体ワールド・リソース・インスティチュート(WRI)と、インド・ベンガルール市において地下鉄駅へのアクセス向上に関するプロジェクトを開始したと発表した。

IT企業集積地として発展を続けるベンガルール市では、急速な経済成長に伴い自動車交通量が急増し、慢性的な交通渋滞が発生。その対策の一つとして、地元政府による地下鉄網の整備が進められており、地下鉄利用者数の拡大が渋滞解消に向けた重要な課題となっている。

TMFとWRIは、同プロジェクトを通じ、州政府、市政府、地下鉄およびバス公共交通当局、地元IT企業といった様々な関係者と協力し、ベンガルール市民による地下鉄利用促進を図るとともに、市民にとってより快適で安全なモビリティモデル構築に向けた活動を行う。

プロジェクトでは、「自宅と駅」「駅と目的地」間のアクセスに焦点を当て、地下鉄利用の阻害要因となっている背景、真因を特定するための調査を実施。その結果をもとに、IT技術者等を対象とした、地下鉄駅へのアクセス向上をテーマとしたアイディアコンテストを実施し、選出した有望なソリューションを現場にて試行の上、その効果を検証する。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報