RSS

ブリヂストン、タイに航空機用タイヤ工場

2016年12月22日(木) 22時11分(タイ時間)
航空機用ラジアルタイヤの画像
航空機用ラジアルタイヤ
写真提供、ブリヂストン
【タイ】ブリヂストンは22日、タイに航空機用タイヤ工場を新設すると発表した。投資額約150億円で、新品タイヤと、中古タイヤを再生したリトレッドタイヤの双方を生産する。2019年12月稼働の予定。

 リトレッドタイヤとは、使用済みのタイヤのトレッドゴム(路面と接する部分のゴム)の表面を決められた寸度に削り、その上に新しいゴムを張り付け、加硫、圧着して再使用できるようにしたタイヤ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】米タイヤ大手グッドイヤーのタイ子会社グッドイヤー(タイランド)は航空機用ラジアルタイヤの製造に乗り出す計画だ。

ブリヂストンは、中国の大手タイヤメーカーである三角輪胎を相手に提起していた意匠権侵害訴訟について、中国最高人民法院で勝訴が確定したと発表した。

【タイ】タイ投資委員会(BOI)によると、中国のタイヤメーカー、中策ゴムは43・7億バーツを投じ、タイ東部ラヨン県アマタシティ工業団地の工場を拡張する。

住友ゴム、タイ工場の操業10周年記念式典を開催…グループ最大のタイヤ製造拠点newsclip

住友ゴムは、タイにおけるタイヤ製造・販売子会社であるスミトモラバータイランド(SRT)が10月5日、操業10周年記念式典を開催したと発表した。

GfKは、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、東南アジアの自動車タイヤ市場動向を発表した。

オートバックス、マレーシアの大手タイヤ卸売企業と資本・業務提携newsclip

オートバックスセブンは、タイヤの卸売、自動車整備用什器の製作・販売などを展開するマレーシア企業、Kit Loongグループと資本・業務提携すると発表した。

特集



新着PR情報