RSS

ベトナム、ビール消費量世界9位に躍進 タイは20位

2016年12月26日(月) 01時08分(タイ時間)
【アジア】キリンがまとめた2015年の世界のビール消費量は前年比0・3%減の約1億8378万キロリットル(東京ドーム約148杯分)で、30年ぶりに前年比マイナスとなった。

 国別の消費量トップは13年連続で中国で前年比3・9%減の4326・6万キロリットルだった。2位は米国で2424・5万キロリットル(前年比増減なし)、3位はブラジルで928・3万キロリットル(同1・9%減)。日本(ビール、発泡酒、新ジャンルの合計)は538万キロリットル(同0・5%減)で7位。

 アジアではベトナムが7・7%増、383・2万キロリットルと大きく伸び、前年の11位から9位にランクを上げた。タイは4・8%増、188・1万キロリットルで20位だった。

 1人当たりのビール消費量1位は23年連続でチェコで142・4リットル。日本は42・3リットルで55位、韓国は46・7リットルで46位だった。
《newsclip》

注目ニュース

サッポロ、ベトナムでビール新商品newsclip

【ベトナム】サッポロインターナショナルのベトナム子会社サッポロベトナムはビールの新商品「ブルーキャップ」を28日、ベトナム国内限定で発売する。

【タイ】タイの保健省は12日、ビールをアイスキャンディー状に加工した「ビールスティック」という商品を販売していた業者を酒類販売法違反で摘発したと発表した。

【タイ】「シンハビール」などで知られるタイのビール大手ブンロート・ブルワリーはベトナムの消費財・食品大手マサン・グループの子会社に資本参加する。東南アジア全域での事業拡大につなげる。

特集