RSS

タイ食品大手CPF、ポーランドの鶏肉会社に出資 5000万ユーロで33%取得

2017年1月4日(水) 15時38分(タイ時間)
【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は3日、ポーランドの鶏肉会社スーパードロブ・キャピタル・グループの株式約33%を4950万ユーロで取得すると発表した。

 スーパードロブはポーランドの2カ所に工場があり、従業員約2000人。製品の半分はポーランド国内で、残りは英国、フランス、ドイツ、中国などで販売している。

 CPFは食肉、水産物、飼料などを製造販売し、タイ、中国、ロシアなど14カ国・地域で事業を展開。昨年11月には米冷凍食品メーカー、ベリジオを10億7500万ドルで、12月には中国の鶏肉製造加工会社、中糧肉食(宿遷)を約30億バーツで買収すると発表した。2016年1―9月期は売上高3538億バーツ、最終利益130億バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は6日、中国の鶏肉製造加工会社、中糧肉食(宿遷)を買収すると発表した。

【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は17日、米冷凍食品メーカー、ベリジオを10億7500万ドルで買収すると発表した。

【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は17日、英国の食品商社フードフェローズを買収したと発表した。傘下のCPフーズUKが15日までに、1230万ポン...

【タイ】みずほ銀行は3月31日、日本企業の海外展開の支援を目的とする業務協力覚書をタイ最大級の財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)・グループと締結したと発表した。邦銀がCPグループと業務協力覚書を締...



新着PR情報