RSS

11月のタイ経済まだら模様 輸出好調、外国人旅行者減

2017年1月4日(水) 15時39分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告による、11月のタイ経済は輸出の急増にともなう輸出向け生産の拡大、公共支出の拡大などで、前月より成長が加速した。一方で、民間消費は減速し、外国人旅行者数は2016年で初めて前年同月を下回った。

 11月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比3・8%上昇した。業種別のMPIは「食品、飲料」プラス1・7%、「自動車」プラス1・5%、「ゴム、プラスチック」プラス5・1%、「集積回路、半導体」プラス11・4%、「繊維、アパレル」プラス2%、「化学」前年同月並み、「セメント、建材」プラス0・4%、「電気製品」プラス4・3%、「石油」プラス4・9%、「ハード・ディスク・ドライブ(HDD)」プラス0・3%、「その他」プラス6・9%――。

 11月の輸出は前年同月比10・1%増の188・9億ドル、輸入は2・5%増の161億ドル。経常収支は32億ドルの黒字だった。

 11月の外国人旅行者数は前年同月比4・4%減の245・4万人で、全体の約3割を占める中国人旅行者が29・7%減少した。外国人旅行者の減少は、中国人向け「ゼロドルツアー」の取り締まりと、10月のプミポン国王死去にともなう自粛ムードが影響したとみられる。「ゼロドルツアー」はタイでの宿泊費、食費、ツアー費などが全て無料とうたった中国人向けツアー。ツアー参加者がタイ滞在中に宝石店、皮革製品店、絹製品店などに連れて行かれ、高値で商品を買わされるなどトラブルが多く、タイ軍事政権が取り締まりを進めている。

 11月の民間消費指数(PCI)は前年同月比1・6%上昇、民間投資指数(PII)は1・3%低下した。

 11月の名目農業所得は前年同月比0・4%減少した。農業生産が3・3%減少、農産物価格が3%上昇した。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、11月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比13・8%増の187万5400人で、11月として過去最高を記録した。1―11月累計は前年同期比22・4%...

【タイ】タイ国内の11月の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比15.3%減の6万4771台だった。内訳は乗用車が9.4%減、2万3306台、商用車が18.2%減、4万1465台。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の自動二輪車生産台数は11月が前年同月比18.8%増、23万714台、1―11月が前年同期比2.3%増、224万2103台だった。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめた11月のタイ国内の自動車生産台数は前年同月比4.7%増の17万784台だった。内訳は乗用車が13.1%増、6万9647台、1トンピックアップトラックが0.7%減、9万8274...

【タイ】タイ中央銀行は月例経済報告で、10月の経済動向を、外国人、タイ人ともに旅行が伸び悩み、前月より景気が減速したと分析した。

特集



新着PR情報