RSS

ANA、国内線の利用率が6.2ポイントアップ…帰省需要好調 年末年始実績

2017年1月5日(木) 13時10分(タイ時間)
ANA(イメージ)の画像
ANA(イメージ)
全日本空輸(ANA)は、年末年始(12月22日~1月3日)の利用実績を発表した。

国内線の提供座席数は前年同期比2.3%減の241万3518席に対して旅客人数は、帰省需要が伸びて、同6.6%増の179万9689人と好調だった。方面別では沖縄・関西方面が好調だった。利用率は6.2ポイントアップして74.6%となった。

国際線の提供座席数が同9.7%増の45万1530席、旅客人数が同14.7%増の37万6086人だった。日本発便は、欧州、中国、アジア・オセアニア、リゾート方面が好調だった。訪日需要も欧州、中国、アジア・オセアニア方面を中心に好調だった。利用率は3.6ポイントアップの83.3%だった。
《レスポンス編集部@レスポンス》


新着PR情報