RSS

サトウキビ搾りかすからセルロース糖製造 東レ、タイで

2017年1月5日(木) 18時29分(タイ時間)
【タイ】東レ(東京都中央区)は5日、タイに合弁会社を設立し、サトウキビの搾りかす(バガス)からセルロース糖を製造する技術実証を行うと発表した。

 新会社は「セルロシック・バイオマス・テクノロジー」。資本金6・8億バーツで、東レが67%、三井製糖(東京都中央区)が33%出資する。タイ東北部ウドンタニ県に実証プラントを設け、東レの水処理分離膜を活用した糖濃縮精製技術で省エネを実現しながら高品質なセルロース糖を製造する。生産量は日量約4・2トン。

 セルロース糖はエタノール、乳酸、コハク酸といったバイオ化学品製造の共通原料。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1日、タイ科学技術省国家イノベーション庁(NIA)と共同で、サトウキビの搾りかす(バガス)からバイオエタノールや高付加価値品の原材料となる有...

サトウキビ搾りかすからバイオエタノール NEDOなど、タイでプラント稼働newsclip

【タイ】国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は31日、NEDOとタイ工業省サトウキビ砂糖委員会がタイ中部サラブリ県に建設したバイオエタノール製造プラントが完成し、29日に...

特集



新着PR情報