RSS

タイ南部の洪水被災者110万人超、ナコンシータマラート空港は13日まで閉鎖

2017年1月11日(水) 01時50分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
【タイ】タイ南部ナコンシータマラート県のナコンシータマラート空港は10日、空港閉鎖を13日まで延長すると発表した。同空港は滑走路や空港周辺が洪水で浸水したため、6日から閉鎖している。

 ナコンシータマラート空港にはノックエア、タイ・エアアジア、タイ・ライオンエアの3社が乗り入れている。

 ナコンシータマラートなどタイ南部では大雨による大規模な洪水が発生。市街地が浸水し、幹線道路、鉄道が一部通行止めになるなど、被害が広がっている。

 タイ内務省によると、10日午後6時時点で、ナコンシータマラート、パタルン、ナラティワート、ヤラー、ソンクラー、パタニー、トラン、スラタニ、チュムポン、ラノン、クラビ、プラジュブキリカンの12県で洪水が発生し、約37・8万世帯、約113・6万人が被災。1―10日の洪水による死者は30人、行方不明者は2人に上る。
《newsclip》

特集