RSS

ネオス、ベトナムにオフショア開発拠点

2017年1月11日(水) 23時20分(タイ時間)
【ベトナム】ネオス(東京都千代田区)はソフトウェアおよびシステムの開発、運用、保守、コンサルティングを手がける全額出資子会社(資本金約2500万円)をベトナムに設立し、3月に事業を開始する。

 システムエンジニアの確保とコスト削減が狙い。

 ネオスはこれまでに、日本でベトナム人エンジニアを10人以上採用してきた。ベトナムの拠点開設で、日本とベトナムのエンジニアが連携して開発する体制を構築する。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール、ミャンマー】アジア市場向けインターネット投資事業「グローバルウェイ・ベンチャーズ」、法人向けクラウド型業務アプリケーション「ボクサー」などを展開するグローバルウェイ(東京都港区)は...

【ベトナム】LSI(大規模集積回路)設計、ソフト開発などを手がける三栄ハイテックス(浜松市)は24日、ロジック・ソフトウェア検証やFPGA(製造後に構成を設定できる集積回路)開発を手がけるオフショ...

【ベトナム】セタ・インターナショナル(東京都品川区)の100%子会社でハノイでオフショア開発事業を手がけるセタ・インターナショナルアジアは1日、ベトナムで2カ所目の開発センターを中部のダナン市に開...

【ベトナム】DTS(東京都港区)は2日、ベトナムの首都ハノイにソフトウエアのオフショア開発、BPO(業務の外部委託)事業を行う子会社「DTSソフトウエア・ベトナム」(資本金120万ドル)を設立した...

特集



新着PR情報