RSS

ヒュンダイのインド販売2.9%増、主力3車が牽引 2016年

2017年1月13日(金) 10時53分(タイ時間)
ヒュンダイ・クレタの画像
ヒュンダイ・クレタ
ヒュンダイ i20エリートの画像
ヒュンダイ i20エリート
ヒュンダイ・グランド i10の画像
ヒュンダイ・グランド i10
インド乗用車市場でシェア2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは1月上旬、2016年のインド新車販売の結果を公表した。総販売台数(輸出を含む)は、66万2054台。前年比は2.9%増だった。

66万2054台の内訳は、インド国内分が50万0537台。前年比は5.2%増と好調だった。一方、輸出分は16万1517台。前年比は3.4%減と、前年実績を割り込む。

インド国内販売の主力車は、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』、『グランドi10』。また、2016年10月には、新型『エラントラ』をインド市場に投入したばかり。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのYK Koo CEOは、「2016年はインドにおいて、多くの偉業を達成した1年。今後も世界基準の自動車を、インドの顧客に届けていく」と述べている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報