RSS

東電と中電の合弁会社、タイのコジェネレーション設備稼働

2017年1月15日(日) 20時51分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、JERA
【タイ】東京電力と中部電力の合弁会社JERA(東京都中央区)が参画するタイのコジェネレーション(電気・蒸気併給)設備が12月29日に商業運転を開始した。

 バンコクの南東約30キロのバンプー工業団地に立地し、発電出力24万キロワット、蒸気供給能力は毎時60トン。電力をタイ発電公社(EGAT)に販売するほか、工業団地内の工場に電力、蒸気を供給する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】新日鉄住金エンジニアリングと大阪ガスのタイの合弁会社NS―OGエナジー・ソルーションズ(タイランド)が東レのタイ法人ラッキーテックス(タイランド)の工場内に建設したコジェネレーション(電気・...

【タイ】中部電力は29日、バンコク東郊のラークラバン工業団地に同社が出資する合弁会社が開発したコジェネレーション(熱電併給)発電所(出力12万キロワット)が商業運転を開始したと発表した。

【タイ】味の素はうま味調味料「味の素」を生産するタイ子会社、タイ味の素のアユタヤ工場に、もみ殻を燃料とするバイオマスコジェネレーション(熱電併給)システムを導入する。



新着PR情報