RSS

三井住友カード、マレーシアのフィンテック企業と協業

2017年1月15日(日) 20時52分(タイ時間)
【マレーシア】三井住友カードは13日、マレーシアのフィンテック(ITを活用した金融サービス)ベンチャー、ソフトスペースと、主に東南アジアでの決済ソリューション事業での協業に関する基本合意書を締結したと発表した。

 ソフトスペースは2012年創業で、マレーシア、シンガポール、インドネシア、台湾などアジアの10カ国・地域の20の事業者に決済ソリューションサービスを提供。様々な決済事業者と柔軟に接続可能なクラウド型データセンターの強みを生かし、スマートフォン決済端末、自動改札、飲食店向け来店前オーダーシステムなど、多様な決済サービスをワンプラットフォームで展開している。高いセキュリティ技術も保有している。

 今回の協業で、三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループと連携し、まず、日系企業や地場銀行に対し、ソフトスペースのソリューションを紹介する。現地での提携カード発行、加盟店契約の実現を目指すとともに、日本での協業も検討する。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】JCBはミャンマーの大手民間銀行、コオペラティブ・バンクと提携し、12月から同国でJCBデビットカードの発行を開始した。

【タイ】タイ財務省国税局は28日、クレジットカード払いで納税できるシステムを導入する計画を明らかにした。オンライン申告する納税者が対象で、当初はタイ国内で発行されたマスターカードのみが使用可能。

バンコクで偽造ATMカード、ナイジェリア人2人逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は9月29日、偽造ATM(現金自動預払機)カードでATMから現金を引き出した疑いで、ナイジェリア人の男2人(38、38)を逮捕したと発表した。

バンコクで偽造クレジットカード、中国人4人逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は9月29日、偽造クレジットカードを使い買い物した疑いで、中国人の男4人(37、33、31、28)を逮捕したと発表した。

【マレーシア】フィンテック(ITを活用した生かした金融サービス)事業を手がけるマレーシアのソフトスペースとヤマトホールディングス傘下のヤマトフィナンシャル(東京都中央区)はマレーシアの通販事業者向...



新着PR情報