RSS

トーホー、シンガポールの日本食材卸買収 2社目

2017年1月16日(月) 23時37分(タイ時間)
【シンガポール】トーホー(神戸市)は16日、シンガポールで日本食の食材など業務用食品の卸し売りを手がけるトモヤ・ジャパニーズ・フード・トレーディングの全株式を取得すると発表した。取得価格は明らかにしていない。

 トモヤは2016年3月期売上高約5億8100万円、当期純利益約8700万円。

 トーホーは2015年に、シンガポールの業務用食品卸売会社マルカワトレーディングを買収し、初めて海外に進出した。トモヤの買収で、シンガポールでのシェア拡大を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】トーホー(神戸市東灘区)は14日、シンガポールの業務用食品卸売会社マルカワトレーディングの全株式を取得すると発表した。買収額は明らかにしていない。

【ベトナム】加藤産業(兵庫県西宮市)は8日、ベトナムの食品卸会社Toan Gia Hiep Phuoc Trading and Food Processingを買収すると発表した。取得株数、買収額など詳細は明らかにしていない。

【カンボジア】双日は12日、カンボジアで食品、消費財などの卸売り事業を展開するシンガポール系企業グッドヒル・エンタープライズとカンボジアで冷凍・冷蔵・業務用食品の卸売り事業を共同展開することで合意...

【ベトナム】加藤産業と住友商事は11日、ベトナムに飲料、食品、日用品の卸売り、輸出入を手がける新会社を設立し、12月に営業を始めると発表した。同国に進出した外資スーパーや地元の大規模小売業者向けに...

特集



新着PR情報