RSS

富士通、ミャンマーで公務員向けICT研修

2017年1月17日(火) 14時50分(タイ時間)
【ミャンマー】富士通はミャンマー政府の全22省を対象とするICTに関する職員研修を16日から2回に分けて、計10日間、現地で実施する。

 各省から選抜された政府職員38人に対し、電子行政の情報戦略立案、ネットワークやサイバーセキュリティなどのICT基礎教育、クラウドシステム、システム開発の実践的手法などを講義する。

 研修期間を通じて行う演習で、参加職員は職場でのICTに関する課題を発見し解決するためのプロセスを学び、自分が所属する組織の活動方針を策定する。研修に参加した職員は電子政府や情報セキュリティの推進を担う基礎的な能力を身につける。

 ミャンマーでは情報通信インフラの整備が急速に進む一方、政府のICT人材の不足が問題となっている。
《newsclip》

注目ニュース

NEC、タイ政府職員向けにサイバー防御演習newsclip

【タイ】日本電気(NEC)はサイバー攻撃への対処能力の向上を目的とした演習を12月6―9日、バンコクで行い、タイ政府の職員約50人が参加した。

富士通の熱帯雨林再生活動、マレーシア・サバ州で保存林認定newsclip

【マレーシア】富士通は20日、「富士通グループ・マレーシア・エコ・フォレストパーク」として熱帯雨林の再生活動を行ってきたマレーシア・サバ州キナルート地区の土地約150ヘクタールと隣接地、計320ヘ...

インクリメントPと富士通交通・道路データサービス、タイで道路の舗装劣化状況把握技術実証実験newsclip

【タイ】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(東京都文京区)と商用車データ分析、道路データ分析を手がける富士通交通・道路データサービス(東京都港区)は28日、タイで道路の舗装劣化状況把握...

【ベトナム】富士通は20日、ハノイのタンロン工業団地にあるTOTOの衛生陶器工場向けに、原料とひもづけて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを開発し、7月1日に稼働したと発表した。

【ミャンマー】富士通は29日、国際協力機構(JICA)と締結した業務実施契約に基づき、ミャンマー中央銀行向けに国際会計基準(IFRS)に適合した会計システムを構築し、4月に稼働したと発表した。



新着PR情報