RSS

2016年の訪タイ外国人9%増、3260万人 日本人は144万人

2017年1月17日(火) 23時36分(タイ時間)
【タイ】タイ観光スポーツ省によると、2016年にタイに入国した外国人(速報値)は前年比8.9%増の3258万8303人で、初めて通年で3000万人を超えた。

 国・地域別では中国人が最も多く、875万7466人(前年比10.3%増)だった。以下、▼マレーシア353万3826人(同3.4%増)▼韓国146万4218人(同6.6%増)▼日本143万9629人(同4.2%増)▼ラオス140万9456人(同15.5%増)▼インド119万3822人(同11.6%増)▼ロシア108万9992人(同23.3%増)▼英国100万3386人(同5.9%増)▼米国97万4632人(同12.4%増)▼シンガポール96万6909人(同3%増)――。

 12月単月では前年同月比1.1%増の305万7800人だった。いわゆる「ゼロドルツアー」の取り締まりで、中国人が16%減の53万5550人に落ち込んだ。

 「ゼロドルツアー」はタイでの宿泊費、食費、ツアー費などが全て無料とうたった中国人向けツアー。ツアー参加者がタイ滞在中に宝石店、皮革製品店、絹製品店などに連れて行かれ、高値で商品を買わされるなどトラブルが多く、タイ軍事政権が取り締まりを進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】リクルートライフスタイル(東京都千代田区)の海外旅行に関する調査研究機関エイビーロード・リサーチ・センターが2015年に海外旅行した18歳以上を対象に実施したインターネット調査で、タイが渡...

【アジア】カード大手の米マスターカードが22日に発表した「世界渡航先ランキング」で、調査対象の132都市中、2016年に国外からの渡航者が最も多いと予想される都市はバンコクで、推定渡航者数2147...

米誌の観光都市ランキング チェンマイ2位、バンコク14位newsclip

【タイ】米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングで、タイ北部のチェンマイが2位、バンコクが14位に入った。

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2016年版の「世界生計費調査・都市ランキング」で、外国人駐在員にとって最も物価の高い都市は香港だった。

【アジア】英人材調査会社ECAインターナショナルが世界の450以上の都市の生活費を調べた2016年の生活費ランキングで、アジア太平洋地域の1位は東京だった。円高で2015年の7位から首位に返り咲いた。



新着PR情報