RSS

タイ航空、バンコク―名古屋に総2階建て機 期間限定で

2017年1月17日(火) 23時37分(タイ時間)
【タイ、日本】タイ国際航空は3月1―25日の期間限定で、バンコク(スワンナプーム国際空港)―名古屋(中部国際空港)線に欧州航空機大手エアバス製の総2階建て超大型旅客機A380を投入する。同路線でA380を運航するのは初めて。

 A380で運航する便はTG645便(中部発午前11時)とTG644便(スワンナプーム発午前0時5分)。3月26日からはボーイング777―300型機で運航する。

 タイ航空のA380はファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席。
《newsclip》

注目ニュース

エミレーツ航空、ドバイ=成田線にA380を再投入へ…3月26日からnewsclip

アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空は3月26日から、1日1往復を運航しているドバイ=東京(成田)線の機材を変更し、総2階建てのエアバスA380型機(3クラス489席)を再投入する。

カタール航空、ドーハ=シドニー線にA380を投入newsclip

カタール航空は9月18日、ドーハとシドニーを結ぶ航空需要の高まりを受け、ドーハ=シドニー線の機材をボーイング「777-300」型機からエアバス「A380」型機に変更したと発表した。



新着PR情報