RSS

【オートモーティブワールド2017】日本製FFインホイールモーター超小型EV、タイで売る理由…FOMM

2017年1月19日(木) 14時00分(タイ時間)
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FOMM(オートモーティブワールド2017)の画像
FOMM(オートモーティブワールド2017)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
FFインホイールモーター採用、ハンドルのレバーで前後進する小型電気自動車「FOMM Concept One Phase 3」。開発・製造するFOMM(神奈川県川崎市)は、このミニEVについて「10月に量産試作車を出し、2018年4月からタイで販売を開始する」という。

「世界最小クラス4人乗りEV」という同車は、インホイールモーターを前輪につけた小型EVで、「車体価格は115万円、バッテリーは別料金。ひと月ベースのリースでリース料を支払うかたち」。日本での発売は未定で、まずはタイから販売していく。

「タイがL7eカテゴリーに準ずるのに合わせ、このクルマを投入していく。タイで売れれば欧州基準に準じることでヨーロッパ圏でも売れる。ターゲットは富裕層のセカンドカーや、アッパーの若者たちなど」

日本でこうした小型EVを投入しない理由について同社は「このタイプだと軽自動車の枠に入ると思うけど、装備品がいろいろと必要になってくる。たとえば衝突安全性などを目的としたパーツとか、いろいろ増えてきて重量も増えてしまう」と話していた。

「重量445kgや最大出力16kWについてもL7eに準じたスペック。ペダルはひとつ。ハンドル部分のレバーでアクセル開閉を調整する。オート三輪が走るタイならではのインターフェース。価格はタイで売れている三菱『ミラージュ』(130万円前後)あたりにあわせている」
《大野雅人@レスポンス》


新着PR情報