RSS

タイ北部で保護されたトラ、銃傷で死亡

2017年1月19日(木) 14時34分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
【タイ】今月9日にタイ北部ラムパン県で保護されたトラが18日、銃傷による感染症で死亡した。

 死亡したのは体長約160センチのオスのベンガルトラ。北部ウタイタニ県のフワイカーケン自然保護区で観察対象となっていた個体で、森を伝い現場周辺まで移動したとみられる。銃で撃たれ負傷し、道路脇の草むらで倒れているところを、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局の職員らに保護され、北部チェンマイ県の施設で手当てを受けていた。

 保護された現場は村が点在する山岳地帯。同局は人家に近づいたトラを住民が銃で撃ったとみて詳しい状況を調べている。
《newsclip》

注目ニュース

タイ深南部で野生ゾウ捕獲、国立公園に移送newsclip

【タイ】タイ当局は15日、深南部ナラティワート県の山村で畑を荒らしていた野生ゾウ2頭を捕獲し、約30キロ離れた隣県ヤラーの国立公園内に放した。

野生のトラか タイ北部山中で保護newsclip

【タイ】9日、タイ北部ラムパン県の道路脇の草むらで、けがをして倒れているトラがみつかり、自然保護当局の職員らが麻酔銃で眠らせ、保護した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、22日、タイ深南部ナラティワート県の山中で、野生ゾウの雌が銃で撃たれ倒れているのがみつかり、獣医が現場で手当てしたが、翌日、死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、14日、東北部ブリラム県の自然保護区内にあるダム湖近くで、湖で魚を獲っていたタイ人男性(65)が野生ゾウに襲われ、牙で突かれ、足で踏まれるなどして、死亡した。

特集