RSS

ヒュンダイ米国販売1.8%増、7年連続の新記録 2016年

2017年1月20日(金) 09時48分(タイ時間)
ヒュンダイ・サンタフェの画像
ヒュンダイ・サンタフェ
ヒュンダイ・ツーソンの画像
ヒュンダイ・ツーソン
ヒュンダイ・ベロスターの画像
ヒュンダイ・ベロスター
ヒュンダイ・ソナタの画像
ヒュンダイ・ソナタ
ヒュンダイ・エラントラの画像
ヒュンダイ・エラントラ
ヒュンダイ・ジェネシスクーペの画像
ヒュンダイ・ジェネシスクーペ
ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは1月上旬、2016年の米国新車販売の結果をまとめた。総販売台数は、過去最高の77万5005台。前年比は1.8%増と、7年連続で販売記録を更新した。

乗用車系では、主力ミドルセダンの『ソナタ』が、前年比6.5%減の19万9416台と、減少傾向。2ドアスポーツクーペの『ジェネシス』は、26%減の2万3230台と落ち込む。

小型車の『エラントラ』は、5ドアハッチバックの『エラントラGT』と2ドアクーペを含めて、20万8319台を販売。前年比は13.8%減と、2桁のマイナス。小型スポーツの『ベロスター』は、前年比24%増の3万0053台と、大きく増加。

SUV系では、新型に切り替わった主力車の『ツーソン』が、前年比41%増の8万9713台と好調。改良新型モデルを投入した『サンタフェ』は、前年比11.1%増の13万1257台を売り上げる。

ヒュンダイモーターアメリカのデリック・ハタミ副社長は、「12月の販売が過去10年で最高水準。2016年の販売新記録に貢献した」と述べている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報