RSS

フィリピン航空、クラーク発着の国内線3路線を開設へ

2017年1月22日(日) 23時30分(タイ時間)
フィリピン航空A321の画像
フィリピン航空A321
《写真提供:Airbus》
フィリピン航空は1月30日からクラーク=セブ線を週4往復(月・水・金・日)、2月1日からクラーク=ダバオ線を週3往復(水・金・日)、3月28日からクラーク=プエルトプリンセサ線を週3往復(火・木・土)で開設する。

フィリピン航空は北部ルソン・中部ルソン・マニラ首都圏の北部地域から今後、多くの旅行者がクラーク国際空港を利用すると見込み、クラーク発着路線の充実を図っている。空港はマニラの北西約100キロに位置し、クラーク経済特区の中にある。

クラーク=セブ線のフライトスケジュールは次の通り。クラークを7時に出発し、セブに8時15分に到着。セブを8時55分に出発し、クラークに10時10分に到着する。フライト時間は片道1時間15分。

クラーク=ダバオ線のフライトスケジュールは次の通り。クラークを10時50分に出発し、ダバオに12時45分に到着。ダバオを13時25分に出発し、クラークに15時15分に到着する。フライト時間は片道約1時間50分。

クラーク=プエルトプリンセサ線のフライトスケジュールは次の通り。クラークを10時50分に出発し、プエルトプリンセサに12時20分に到着。プエルトプリンセサを13時に出発し、クラークに14時30分に到着する。フライト時間は片道1時間30分。
《日下部みずき@レスポンス》


新着PR情報