RSS

検察官にらんだ タイ最高裁、前首相裁判傍聴人に罰金刑

2017年1月22日(日) 23時30分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ最高裁判所は19日、法廷で検察官をにらみつけたとして、裁判を傍聴していたタイ王族の女性で映画プロデューサーのミンモンコン・ソナクンさんとミンモンコンさんの知人のタイ人男性にそれぞれ500バーツの罰金を科した。

 ミンモンコンさんらは昨年10月、インラク政権(2011―2014年)が導入した事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐり、インラク前首相が汚職と巨額の損失を放置したとして職務怠慢などの罪に問われた裁判を傍聴した。傍聴中、脅すような目つきで検察官をにらんだとして、法廷侮辱罪で起訴された。

 インラク前首相は政治家の汚職などを裁く一審制の特別法廷、最高裁政治家刑事犯罪部門で裁判にかけられている。有罪の場合、最長で20年の禁錮刑を受ける。

 コメ担保融資制度はインラク政権発足直後の2011年10月に導入された。政府が市価の約4割高でコメを買い取ったため、コメ農家には好評だったが、タイ産米は価格上昇で輸出量が激減し、2012年には1981年以来初めてコメ輸出世界一の座から転落した。また、政府がコメの国際価格の上昇を待って売却を遅らせた結果、膨大な在庫が積み上がった。買い取り資金の大半が精米業者、輸出業者、政治家、大規模農家にわたり、汚職の温床になっているという指摘もあった。国際通貨基金(IMF)はこの政策を、「財政負担が重い割に政策効果が低い」と批判した。2014年5月のクーデターでインラク政権を打倒したプラユット軍事政権は同年、コメ担保融資制度を廃止し、インラク前首相ら関係者の訴追、賠償請求を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】ワサン元タイ憲法裁判所長官に対する名誉棄損で2015年7月から服役していたタクシン元首相派の政党、プアタイ党のプロームポン前報道官とキアットウドム前下院議員が11日、仮釈放でバンコクの刑務...

【タイ】タイのテレビ報道によると、裁判官のタイ人女性(56)が父親が経営する不動産会社の従業員の男らに拉致され、暴行を受けた後、貯水池に投げ込まれる事件があり、警察が17日、殺人未遂などの容疑で男...

前首相の国外渡航禁止、タイで汚職裁判始まるnewsclip

【タイ】タクシン元首相の妹のインラク前首相が、事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐる汚職と巨額の損失を放置したとして、職務怠慢と権力乱用に問われた裁判が19日、タイ最高裁政治家刑事犯...

特集



新着PR情報