RSS

クボタ、タイのコンバイン工場拡張 30億円投資

2017年1月24日(火) 00時39分(タイ時間)
【タイ】クボタ(大阪市浪速区)は約30億円を投じ、タイの製造販売子会社サイアム・クボタ・コーポレーションのタイ東部チョンブリ県アマタナコン工業団地のコンバイン工場を拡張し、現在年1・3万台の生産能力を10月をめどに年2万台に引き上げる。

 ミャンマー、フィリピン、インドネシアといった東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の需要増加に対応する。生産能力の増強と合わせ、原価低減や生産性向上も進める。

 サイアム・クボタ・コーポレーションはクボタとタイ王室系複合企業サイアム・セメントの合弁会社。コンバイン以外に、トラクター(年産能力9・5万台)、エンジン(同10万台)、耕運機(同10万台)を製造している。従業員数は1月時点で約2900人。

 タイの農業機械化の進展を受け、2009年にインディカ米収穫用のコンバイン工場を建設。2011年にASEAN諸国への輸出を開始し、主に高馬力・高耐久機を供給してきた。
《newsclip》

注目ニュース

クボタ、タイに研究開発施設newsclip

【タイ】クボタのタイの合弁会社サイアムクボタコーポレーションは6億バーツを投じ、バンコク北郊のパトゥムタニ県ナワナコン工業団地に研究開発施設「クボタ・リサーチ・アンド・ディベロップメント・アジア」...

【ミャンマー】クボタ(大阪市浪速区)は16日、ミャンマーのティラワ経済特区に農業機械販売会社を設立したと発表した。

【ミャンマー】クボタ(大阪市浪速区)は28日、ミャンマーのティラワ経済特区内の第二期給水配管および上下水処理設備建設工事を元請会社である五洋建設(東京都文京区)から追加受注したと発表した。

【マレーシア】クボタ(大阪市浪速区)は19日、パーム油搾油工程で発生する廃液から回収したバイオガスを使用して発電し、売電収入によってパーム油廃液処理設備の初期投資を回収する事業をマレーシアで行うと...



新着PR情報