RSS

丸紅とシーメンス、タイで大型複合火力発電所受注

2017年1月25日(水) 18時34分(タイ時間)
【タイ】丸紅は25日、バンコク南郊サムットプラカン市のガス焚き複合火力発電所(出力1200メガワット)の建設を独シーメンスと共同で受注したと発表した。発注者はタイ発電公社(EGAT)、受注額約600億円。

 チャオプラヤ川沿いで現在稼働中の旧式の火力発電所を高効率で環境負荷が小さい複合火力発電所に建て替える。設計、調達から土木・据付工事、試運転まで手がけるフルターンキー契約で、2019年末完工の予定。シーメンスがガスタービン、蒸気タービン、発電機、排熱回収ボイラーといった主要機器を納入し、関連補機の調達や土木設計、土木・据付工事などを丸紅が担当する。

 丸紅とシーメンスは過去10年間にタイで同規模の案件を4件、共同受注している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東京ガスは3日、タイ中部サムットプラカン県バンボー郡の天然ガス火力発電所、バンボー発電所を所有・運営するイースタンパワー&エレクトリックの株式28%をトタルガス&パワー・タイランドから取得...

【ベトナム】日本政府はベトナム北部タイビン省の火力発電所(出力600メガワット)計画に549・8億円の円借款を供与する。3月31日、ハノイでブイ・クアン・ヴィン計画投資相と深田博史駐ベトナム大使が...

【ベトナム】三菱商事は11日、ベトナム電力公社が同国南部ビントゥアン省ビンタン地区で計画している超臨界圧石炭火力発電所(出力60万キロワット)の建設工事を三菱商事、韓国の斗山重工業、ベトナムの現地...

電源開発、タイ中部の大型火力発電所稼働newsclip

【タイ】電源開発(Jパワー)は1日、同社が90%出資するタイの発電事業会社ガルフJP・UTが開発したタイ中部アユタヤ県のウタイガス火力発電所2号系列(出力800メガワット)が同日営業運転を開始した...

電源開発、アユタヤの大規模火力発電所稼働newsclip

【タイ】電源開発(Jパワー)は1日、同社が90%出資するタイの発電事業会社ガルフJP・UTが開発したタイ中部アユタヤ県のウタイガス火力発電所1号系列(出力800メガワット)が同日営業運転を開始した...



新着PR情報