RSS

バンコクの区長、サッカー中に倒れ死亡 首相指示の定例運動

2017年1月26日(木) 16時07分(タイ時間)
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
運動するプラユット首相(25日)の画像
運動するプラユット首相(25日)
写真提供、タイ首相府
死亡したプラムーン区長の画像
死亡したプラムーン区長
写真提供、バンコク都庁
アサウィン都知事(26日)の画像
アサウィン都知事(26日)
写真提供、バンコク都庁
【タイ】25日午後2時ごろ、バンコク都プラナコン区の運動場で、サッカーの試合に出場していたプラムーン同区区長(57)がプレー中に倒れ、翌26日朝、搬送先の病院で死亡した。狭心症の発作を起こしたとみられている。

 タイでは昨年11月から、プラユット首相の指示で、毎週水曜日の午後、公務員が1時間程度、運動することになっていた。

 プラナコン区は王宮、王宮前広場、官庁街などがある地区。昨年10月に死去したプミポン前国王の遺体は王宮に安置されている。

 アサウィン・バンコク都知事は26日、プラムーン区長の死去について、「真面目で勤勉な人だった。(前国王の死去から)100日以上、ずっと働き詰めだった」などと述べ、区長の死去後、入院先の病院を訪れ、遺族にお悔やみを伝えたことを明らかにした。毎週定例の運動については、「どの程度運動するかは各人の体調次第で、強制はしない」と話した。
《newsclip》

注目ニュース

首相府職員、首相の命令で毎週1回運動 肥満加速のタイnewsclip

【タイ】23日午後、バンコクのタイ首相府で、閣僚、職員ら約200人が体操服に着替え、エアロビクスやウォーキング、フリスビーといった運動に励んだ。

特集



新着PR情報