RSS

バンコク警察司令官、大手企業から「顧問料」月5万バーツ

2017年1月26日(木) 22時56分(タイ時間)
サーニット・バンコク首都警察司令官の画像
サーニット・バンコク首都警察司令官
写真提供、タイ警察
サーニット・バンコク首都警察司令官の画像
サーニット・バンコク首都警察司令官
写真提供、タイ警察
【タイ】バンコク首都警察のサーニット司令官がタイ・アルコール飲料最大手タイビバレッジから毎月5万バーツの「顧問料」を受け取っていた問題で、ピヤパン・タイ警察副報道官は25日、「規則上の問題はない」「個人的な問題で、対応は司令官本人が決めること」と述べた。

 サーニット司令官が「顧問料」を受け取っていたことは2015年の資産報告で発覚した。この問題については、オンブズマン事務局が「利益相反の恐れがあり不適当」だとして追求を開始し、サーニット司令官が「顧問料」収入の個人所得税を収めていたかどうかも調査している。

 サーニット司令官は26日まで、この問題に関するコメントを拒否し続けている。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政首相、おいの建設会社が軍から1億バーツ受注newsclip

【タイ】9月に入り、タイ軍事政権のプラユット・ジャンオーチャー首相(元陸軍司令官)の弟のプリーチャー・ジャンオーチャー国防次官をめぐる複数のスキャンダルが浮上した。

タイ軍政、汚職疑惑でバンコク都知事停職newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は25日、自身に事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、バンコク都のスクムパン知事と東北部コンケン県バンパイ市のプレムサック市長を汚職、権力乱用など容疑で無...

【タイ】タイ軍事政権のプラユット・ジャンオーチャー首相(元陸軍司令官)の弟のプリーチャー・ジャンオーチャー国防次官が一般大学を卒業した息子(25)を陸軍士官(中尉)に任用していたことが明らかになり...



新着PR情報