RSS

スズキ、インドのグジャラート工場が2月より稼働開始…生産能力25万台

2017年1月27日(金) 14時09分(タイ時間)
スズキ・モーター・グジャラート(SMG)社 グジャラート工場の画像
スズキ・モーター・グジャラート(SMG)社 グジャラート工場
スズキのインド四輪車工場の画像
スズキのインド四輪車工場
スズキは、インドの四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート(SMG)社」が建設していたグジャラート工場が完成し、2月1日より量産車の生産を開始すると発表した。

SMGは、インド自動車市場の拡大に備えた生産能力確保を目的として、2014年3月に設立した同国初のスズキ100%全額出資の四輪車生産会社。新工場は、同州ムンドラ港に近い位置にあり、欧州、アフリカや日本を含む海外への輸出基地として活用していく。グジャラート工場では、ハッチバックモデルの『バレーノ』を生産し、マルチ・スズキ社に供給し、同社「NEXA」店にて販売される。今後は、マルチ・スズキ社での販売状況を見ながら生産車種を増やしていく予定だ。

マルチ・スズキ社のグルガオン、マネサール両工場での2016年暦年の生産台数は151万5000台で、フル生産が続いていた。グジャラート工場では、今後徐々に生産を軌道に乗せていき、最終的には年間の生産能力は25万台となる。さらに、2019年初めの稼働を目指して、グジャラート第二工場とエンジン・トランスミッション工場の建設も計画しており、第二工場完成時にはインドの生産能力は200万台となる見込みで、拡大するインド自動車市場の需要に応えていく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報