RSS

アジアパイル、ベトナムで建物外壁パネルなど製造

2017年1月29日(日) 16時35分(タイ時間)
【ベトナム】アジアパイルホールディングス(東京都中央区)は26日、建物外壁パネル、シートパイルといったコンクリート二次製品の製造、販売、施工を手がける新会社をベトナムに設立すると発表した。

 新会社は「パンブ・インフラストラクチャー・コンストラクション」。資本金約10億円で、アジアパイルが49%、同社のベトナム子会社パンブ・インベストメントが51%出資する。3月に設立し、その後、工場建設に着手する。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】ジャパンパイル(東京都中央区)は24日、コンクリートパイルの製造、販売、施工を手がける合弁会社を2015年3月までにミャンマーに設立すると発表した。

【ミャンマー】コンクリートパイルの製造・施工を手掛けるジャパンパイル(東京都中央区)は10日、ミャンマーの同業大手ミャンマーVパイルと、ミャンマーでのコンクリートパイルの生産、コンクリートパイルを...



新着PR情報