RSS

独コンチネンタル、タイにタイヤ工場 2・5億ユーロ投資

2017年1月29日(日) 16時35分(タイ時間)
工場完成予想図の画像
工場完成予想図
画像提供、 Continental
【タイ】独自動車部品・タイヤ大手コンチネンタルはタイ東部ラヨン県に乗用車・小型トラック用タイヤ工場を建設し、2019年に稼働する。2022年時点で年400万本製造する計画。投資額は2・5億ユーロ。

 工場の敷地面積は75万平方メートルで、最大で年産能力2500万本まで拡張が可能。
《newsclip》

注目ニュース

ブリヂストン、タイに航空機用タイヤ工場newsclip

【タイ】ブリヂストンは22日、タイに航空機用タイヤ工場を新設すると発表した。投資額約150億円で、新品タイヤと、中古タイヤを再生したリトレッドタイヤの双方を生産する。2019年12月稼働の予定。

ブリヂストンは、中国の大手タイヤメーカーである三角輪胎を相手に提起していた意匠権侵害訴訟について、中国最高人民法院で勝訴が確定したと発表した。

【タイ】タイ投資委員会(BOI)によると、中国のタイヤメーカー、中策ゴムは43・7億バーツを投じ、タイ東部ラヨン県アマタシティ工業団地の工場を拡張する。

オートバックス、マレーシアの大手タイヤ卸売企業と資本・業務提携newsclip

オートバックスセブンは、タイヤの卸売、自動車整備用什器の製作・販売などを展開するマレーシア企業、Kit Loongグループと資本・業務提携すると発表した。

【シンガポール】日本ゼオン(東京都千代田区)は22日、シンガポール・ジュロン島の溶液重合法スチレンブタジエンゴム(S―SBR)工場の製造ラインの第2系列が完工したと発表した。年産能力は約2倍の6万―...

【タイ】中国のタイヤメーカー、中策ゴムの初の国外工場がタイ東部ラヨン県のアマタシティ工業団地で完成し、稼働を始めた。



新着PR情報