RSS

高さ50メートル超、須弥山をイメージ 前タイ国王葬儀の建物

2017年1月29日(日) 16時35分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
 の画像
 
写真提供、タイ文化省
【タイ】タイ文化省は27日、昨年10月に死去したプミポン前国王の葬儀のためバンコクの王宮前広場に建設する建物の設計が完了したと発表した。

 建物は須弥山をイメージしたもので、基部は60メートル四方、高さは50・49メートルに達する。2月後半に着工し、9月までに完成する予定。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの中華街、前国王死去で春節祝賀行事取り止めnewsclip

【タイ】昨年10月のプミポン前タイ国王の死去を受け、バンコクの中華街ヤオワラート通りは1月28日の春節(旧正月)の祝賀行事を取り止める。

【タイ】菅官房長官は11日、天皇・皇后両陛下が、昨年死去したプミポン前タイ国王を弔問するため、今春に予定されているベトナム訪問の帰途にタイに立ち寄る方向で調整していることを明らかにした。

前タイ国王葬儀に白檀の木9本newsclip

【タイ】プミポン前国王の葬儀で使用する白檀(びゃくだん)の木9本が中部プラジュアブキリカン県のクイブリ国立公園で伐採され、20日、中部ナコンパトム県の文科省美術局の施設に搬送された。

前タイ国王葬儀用の輿、修繕前に儀式newsclip

【タイ】プミポン前国王の葬儀で使用される輿(こし)の修繕が行われることになり、輿が保管されているバンコクの国立博物館で19日、修繕の成功を祈願する式典が行われた。

前タイ国王弔問で長蛇の列 企業・団体が支援newsclip

【タイ】プミポン前国王の死去にともなうバンコクの王宮への弔問で、王宮前広場で数時間待ちの行列を続ける弔問者に対し、タイの企業や団体が支援活動を行っている。

特集



新着PR情報