RSS

住友電工、ベトナムで建設中の橋にPC鋼材納入

2017年1月30日(月) 23時35分(タイ時間)
建設中のラックフェン橋の画像
建設中のラックフェン橋
写真提供、三井住友建設
【ベトナム】住友電気工業は30日、ベトナム北部ハイフォン市で建設中のラックフェン国際港へのアクセス道路・橋梁工事にポリエチレン被覆内部充てん型エポキシ樹脂被覆PC鋼より線(PE被覆ECFストランド)1200トンを納入したと発表した。

 PE被覆ECFストランドは住友電工子会社の住友電工スチールワイヤーが開発、製造。ポリエチレン樹脂とエポキシ樹脂の二重被覆による高い耐食性と堅牢性が特徴で、架設現場でのポリエチレン管接続やグラウト(セメントミルクや樹脂などの防錆剤)注入が不要となるため、工期短縮と省力化にも寄与する。海外で大規模に使用されたのは今回が初めて。

 ラックフェン国際港のアクセス道路・橋梁は三井住友建設と現地建設会社の共同企業体が建設中で、今年5月完成の予定。橋梁区間5・4キロ超と、ベトナムで最長の海上橋梁となる。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】国際協力銀行(JBIC)は27日、住友電気工業のベトナム子会社SEIエレクトロニクス・コンポーネンツ(ベトナム)に対し、民間金融機関と協調融資を実施すると発表した。JBICの融資分は9...

【カンボジア】住友電気工業は4日、プノンペンの交通管制システムを三菱商事と共同で2015年12月に受注し、システム構築を進めていると発表した。日本政府の無償資金協力事業で、2017年4月の運用開始...

住友電工、高度道路交通システムでタイ社と協業newsclip

【タイ】住友電気工業は14日、交通信号灯器・信号制御機、道路情報板などの交通管制システム用機器を製造販売するタイのジーニアス・トラフィック・システム社とタイでのITS(高度道路交通システム)分野で...

【ミャンマー】住友電気工業は17日、タイの関係会社であるスミトモ・エレクトリック(タイランド)がミャンマーのインフラ案件に関する市場調査などを行うため、ヤンゴンに支店を開設したと発表した。

特集



新着PR情報