RSS

カンボジア社の精米工場竣工 サタケが建設

2017年1月31日(火) 22時35分(タイ時間)
【カンボジア】サタケ(広島県東広島市)は31日、カンボジアの商社プリマリスから受注した精米工場が完成し、昨年12月に引き渡したと発表した。

 処理能力毎時20トンで、複数ロットの精米やブレンドをそれぞれ個別に管理できるよう通常の精米工場よりも中間貯蔵タンクが多い。外部調達した精米度合の低い白米を再精米するライン(毎時28トン)も設けた。今後、トレーサビリティに対応した帳票システム、精米工場のメンテナンスを軽減するためのリモートメンテナンスの導入が予定されている。

 プリマリスはカンボジア産のコメを主にアフリカやヨーロッパへ輸出している。複数品種や生産地の異なるコメを混ぜ、それぞれの市場に合わせたブレンド米を販売するため、初めて自社で精米工場を所有することになった。
《newsclip》

注目ニュース

サタケ、ミャンマーにコメ加工機器ショールームnewsclip

【ミャンマー】サタケ(広島県東広島市)は27日、ミャンマーの販売協力会社アディパティがヤンゴンにサタケの加工機器の展示販売用ショールームを開設したと発表した。

【ミャンマー】サタケ(広島県東広島市)が昨年10月にミャンマーに納入した大型精米プラントが順調に稼働している。



新着PR情報