RSS

日本政府、タイ南部で多目的消防車寄贈

2017年2月6日(月) 23時19分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在タイ日本国大使館
【タイ】日本政府はタイ南部チュムポン県のカオチャイラート地区行政機構に多目的消防車1台を寄贈する。6日、バンコクの在タイ日本大使館で署名式を行った。支援額は241・5万バーツ。

 カオチャイラート地区は人口4901人、面積約97平方キロで、面積の約35%が森林。主な産業はゴムなどの農業。毎年、森林火災が多発する一方、乾期の渇水被害も深刻で、地区行政機構は住民ボランティアによる消防団を組織し、防災、消火、給水などの活動を行っている。しかし、消防車、給水車を自前で所有せず、隣町や郡からその都度借用しているため、効果的な活動ができていなかった。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ北部で福祉学校の寮建設支援newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部チェンライ県の全寮制の福祉学校、ターンティップ校の男子寮建設に337万バーツ(約1200万円)を無償供与することを決め、19日、在チェンマイ日本総領事館で署名式を行った。

日本政府、タイ東北で校舎建て替え支援newsclip

【タイ】日本政府はタイ東北部シーサケート県パユ郡の公立学校、バーンノーンムアン・ノーンテーン学校の校舎建て替えの費用231・5万バーツを無償供与し、16日、現地で新校舎の引き渡し式典が行われた。

日本政府、タイ東北部にデイケアセンターnewsclip

【タイ】日本政府はタイ東北部コンケン県ナムポン郡サアード市行政機構による要援護者デイケアセンターの建設計画に239・7万バーツを無償供与し、9日、スパチャイ・サアード市行政機構長、佐渡島駐タイ大使...

【ミャンマー】日本政府は7日、ミャンマーに対する無償資金協力3件(供与限度額35億8100万円)を発表した。



新着PR情報