RSS

ハノイ郊外の第2タンロン工業団地、群馬県企業に優遇措置

2017年2月8日(水) 23時46分(タイ時間)
レンタル工場の画像
レンタル工場
写真提供、住友商事
第2タンロン工業団地の画像
第2タンロン工業団地
写真提供、住友商事
【ベトナム】ハノイ市郊外の第2タンロン工業団地は団地内のレンタル工場に新規入居する群馬県の企業に優遇措置を適用する。同工業団地を運営する住友商事と群馬県が8日、協定を締結した。

 管理費を1年間免除するほか、ベトナムでの現地法人設立手続きの費用を、翻訳費用など実費を除き、免除する。

 第2タンロン工業団地はハノイ市中心部の南東33キロのフンイエン省に立地。開発面積346ヘクタール、入居企業は日系61社など計64社(2016年末時点)。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】住友商事は同社が開発運営するベトナム北部フンイエン省の第2タンロン工業団地で、現在約3万平方メートルのレンタル工場を数年以内に約6万平方メートルに倍増する。

【ベトナム】住友商事はベトナム北部のビンフック省で工業団地を開発する。



新着PR情報