RSS

新大僧正の寺で小火、関係者は放火否定 バンコクのラーチャボピット寺

2017年2月10日(金) 00時15分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
【タイ】9日朝、バンコク都内のワット・ラーチャボピット寺で小火があり、建物の木製の扉の一部が焼損した。寺の関係者は、漏電が原因として、放火を否定している。警察は当面の間、ラーチャボピット寺の警備を強化する方針。

 ラーチャボピット寺の住職、ソムデットプラマハームニウォン僧(89)は今月7日、ワチラロンコン国王により、タイ仏教僧団(サンガ)の最高指導者、第20代大僧正(ソムデットプラサンカラート)に任命されたばかり。

 先代の第19代大僧正は2013年に100歳で死去し、以来、大僧正位は空席となっていた。従来のサンガ法では、高位の僧侶で構成されるサンガ最高評議会が大僧正候補を選出し、首相が候補者の任命を国王に要請、国王が任命するかたちだった。しかし、タイ軍事政権は今年1月、サンガ法を改正し、大僧正の選任を国王に一任した。

 サンガ最高評議会は2016年1月、大僧正代行だったソムデットプラマハーラチャマンカラージャーン僧(91)を次期大僧正候補に選出していた。軍政による法改正は、ラチャマンカラージャーン僧の大僧正就任阻止を狙ったものとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

タイ東部の寺で手りゅう弾爆発 男女4人死亡、5人けがnewsclip

【タイ】29日未明、東部チャチュンサオ県のアムパワン寺の境内で手りゅう弾が爆発し、タイ人の女性2人(30、30)と男性2人(45、33)が死亡、男性5人(52、35、30、20、18)がけがをした。

タイのトラ寺 今度はトラの敷物、トラ皮のお守り押収newsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、100頭を超えるトラの強制移送が始まった西部カンジャナブリ県の仏教寺院ワット・ルアンターマハーブアで、2日、トラの敷物2枚、牙9本、透明なケースにトラの皮が入った...

タイ西部の寺に高さ32メートルの仏像 落成式に王女、首相らnewsclip

【タイ】23日、タイ西部カンジャナブリ県の仏教寺院ワット・ティプスコンターラームで、高さ32メートルの青銅製の仏像の落成式が行われた。

バンコクの運河沿いの寺に船でろうそく運ぶ 「三宝節」「入安居」でnewsclip

【タイ】29日、バンコクのパーシージャルーン地区で、30日の「三宝節(アーサーラハブーチャー)」、31日の「入安居(カオパンサー)」で使用するろうそくを運河沿いの寺に船で届ける儀式が行われた。

横領のカネが新興寺院へ タイ仏教界に激震newsclip

【タイ】金融機関を舞台とした巨額の横領事件で、タイの新興仏教団体タンマカーイ寺が横領容疑者から巨額の寄付を受けていたことが明らかになった。

特集



新着PR情報