RSS

罰金5000バーツ バンコク都庁、バイクの歩道走行取り締まり

2017年2月10日(金) 00時15分(タイ時間)
自動二輪の歩道走行取り締まりに関するバンコク都庁の会議(9日)の画像
自動二輪の歩道走行取り締まりに関するバンコク都庁の会議(9日)
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は自動二輪による歩道走行の取り締まりを強化する。最高5000バーツの罰金を科すほか、自動二輪の歩道走行に関する通報を受け付ける窓口を設ける。また、歩道への進入を阻止する鉄棒の設置を検討する。

 バイクタクシー(後部座席に乗客を乗せ目的地に送り届けるサービス)が歩道を走行した場合は罰金のほか、1度目で1カ月、2度目で3カ月、3度目で6カ月の営業停止処分とする。

 当面、自動二輪の歩道走行が多発しているスクムビット通り、ラマ4世通り、ペチャブリ通り、パホンヨーティン通り、ラチャダピセーク通り、ジャランサニットウォン通りで集中的に取り締まりを行う方針だ。
《newsclip》

注目ニュース

16年のタイ二輪市場174万台、ホンダが137万台newsclip

【タイ】ホンダのタイの自動二輪販売会社APホンダによると、2016年のタイ国内の自動二輪の新車販売台数は前年比4%増の174万台で、このうち中大型車が2万3000台だった。

【中田徹の沸騰アジア】高額紙幣の流通停止でインドの二輪車市場に急ブレーキnewsclip

小売業への外資参入規制があるインドでは、伝統的な小規模商店が市民の日常生活を支えており、現金による支払いが消費活動の大部分を支える。国内商取引の約90%が現金決済とも言われる。こうしたなか、市中に出...

ホンダ、東南アジアで二輪シェアリング事業展開へ…シンガポール企業と協業newsclip

ホンダは12月12日、モビリティシェアリング事業を展開するシンガポールのグラブ社と、東南アジアでの二輪車シェアリング領域における協業の検討を開始すると発表した。

ヤマハ、スクーターのASEAN戦略モデル投入newsclip

【ASEAN】ヤマハ発動機は東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの戦略モデルとして開発したスクーターの新製品「GDR155」をベトナムとタイで12月に発売した。発売から1年でASEAN域内で27万...

ホンダ、タイ乗用車市場で2年連続1位newsclip

【タイ】ホンダのタイの四輪車製造販売子会社ホンダオートモービル(タイランド)は19日、2016年のタイの乗用車市場でシェアが32・7%(2015年31・5%)となり、2年連続で1位になったと発表した。



新着PR情報