RSS

堀場製作所と日立造船、ミャンマーで河川水質改善事業

2017年2月14日(火) 12時29分(タイ時間)
ワンディン市に設置した実証試験機の画像
ワンディン市に設置した実証試験機
写真・画像提供、堀場製作所
処理フローイメージの画像
処理フローイメージ
写真・画像提供、堀場製作所
【ミャンマー】堀場製作所(京都市)と日立造船(大阪市)は環境省の支援を受け、ミャンマーの民族衣装であるロンジーの織物工場が集中する同国ワンディン市で1月から水質改善の実証試験を開始した。

 堀場製作所の水質計測機器からの定量的なデータと、日立造船の排水処理技術を組み合わせ、染色排水を適正に処理する。

 ミャンマーでは工場排水に関する具体的な規制や基準、罰則規程が定まっておらず、排水処理設備のない工場がほとんど。こうした状況から、水質の計測分析技術を持つ堀場製作所は以前から、ミャンマーで環境調査を進めてきた。今回の実証試験では、水質汚濁の改善のため、排水処理と水質モニタリングシステムの実証試験設備を導入する。染色排水による水質汚濁の改善、運転管理業務、維持管理業務を行う現地技術者の指導も行う。
《newsclip》

注目ニュース

タイの河川水質調査 「優良」1カ所だけnewsclip

【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局が今年9月にタイ全土の65の河川の366カ所で行った水質調査で、水質が「非常に良い」とされたのは南部を流れるターピー川上流部の1カ所だけだった。

【タイ】タイ天然資源環境省が2012年に実施した環境汚染調査で、タイ国内各地の海の水質は「非常に良い」が2008年の16%から0%に、「良い」が同48%から15%に減るなど悪化が目立った。「普通」...

特集



新着PR情報