RSS

バンコクで大規模旅行博、日本の65団体出展

2017年2月14日(火) 20時26分(タイ時間)
【タイ】東南アジア最大規模の旅行博「第20回タイ・インターナショナル・トラベルフェア(TITF)」が15―19日、バンコク都内のイベント施設クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンターで開催される。

 TITFはタイ旅行サービス協会(TTAA)主催で、主に海外旅行を取り扱うタイの旅行会社が出展する。日本からは、東京観光財団、セントラルジャパン(岐阜県・長野県・名古屋観光コンベンションビューロー)、千葉県、栃木県、JR東日本、JR西日本、札幌かに本家、東急ホテルズ、三菱地所グループといった地方自治体、企業など計65団体が出展し、日本政府観光局(JNTO)とジャパンゾーンを形成して、日本の観光情報を提供する。

 JNTOによると、2016年に日本を訪れた外国人(推計値)は前年比21・8%増の2403万9000人と過去最高を記録した。このうちタイ人は90万1400人(前年比13・1%増)で、国・地域別で中国、韓国、台湾、香港、米国に次ぐ6位だった。
《newsclip》

注目ニュース

訪日外国人による高速バス利用を手助けするサイト、国土交通省が立ち上げnewsclip

国土交通省は、訪日外国人などの有力な移動手段の一つとなっている高速バスを利用しやすい環境を整備するため「高速バス情報プラットフォーム - Japan Bus-Gateway -」を開設した。

関西国際空港第2ターミナルビルに訪日外国人旅行者専用の観光案内施設を開設…JTB西日本newsclip

JTB西日本は関西国際空港の第2ターミナルビル(国際線)に、訪日外国人旅行者専用の観光案内所を2017年1月28日に開設すると発表した。

国土交通省が発表した2016年(1~12月)の訪日クルーズ旅客数は、前年比78.5%増の199万2000人、クルーズ船の寄港回数が同38.8%増の2018回と、ともに過去最高を記録した。

観光タクシーで多言語音声翻訳システムを活用…KDDIなど東京で社会実証newsclip

KDDI、KDDI総合研究所、三和交通、境交通は、「東京観光タクシー」にて、多言語音声翻訳システムを活用した訪日外国人向け社会実証を12月20日より開始する。

近鉄、訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスを提供newsclip

近畿日本鉄道は、12月21日に訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス「KINTETSU Free Wi-Fi」の提供を開始する。

特集



新着PR情報