RSS

GM中国販売24%減…キャデラックは116%増 1月

2017年2月16日(木) 12時47分(タイ時間)
キャデラックXT5の画像
キャデラックXT5
キャデラックATS-Lの画像
キャデラックATS-L
キャデラックXTSの画像
キャデラックXTS
ビュイック・エンビジョンの画像
ビュイック・エンビジョン
米国の自動車最大手、GMは2月9日、中国における1月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、32万1264台。前年同月比は24%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

GMの中国合弁(乗用車)には、上海GMとSAIC‐GMウーリン(上海通用五菱汽車)の2社がある。

1月のブランド別実績では、キャデラックブランドが、1万8000台以上を販売。前年同月比は116%増と、大きく伸びた。セダン系では、『XTS』が46%増、『ATS-L』が115%増の伸び。2016年4月に発売した『SRX』後継車の『XT5』も、良好な立ち上がりが続く。

ビュイックブランドでは、新型ミニバンの『GL8』が、前年同月比62%増と好調。ブランド最量販SUVの新型『エンビジョン』も、月間としては過去2番目に多い台数を記録。『ヴェラーノ』は、前年同月比11%増。

シボレーブランドでは、『マリブ』が前年同月比30%増と伸びた。

2016年のGMの中国新車販売は、過去最高の387万0587台。前年比は7.1%増だった。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報