RSS

セブ・パシフィック航空、マニラ発着のマスバテ線とタブラス線を開設

2017年2月17日(金) 12時13分(タイ時間)
セブ・パシフィック航空、マニラ発着のマスバテ線を開設の画像
セブ・パシフィック航空、マニラ発着のマスバテ線を開設
Credits: Cebu Pacific Air
セブ・パシフィック航空、マニラ発着のタブラス線を開設の画像
セブ・パシフィック航空、マニラ発着のタブラス線を開設
Credits: Cebu Pacific Air
フィリピンの格安航空会社、セブ・パシフィック航空は2月15日、マニラとマスバテを結ぶ路線を1日1往復、マニラとタブラスを結ぶ路線を週4往復(月・水・金・日)で開設した。

マスバテ、タブラスはマニラがあるルソン島の南に浮かぶ島。タブラスに乗り入れている航空会社は15日現在、セブ・パシフィック航空しかないため、マニラからの移動がはるかに便利になった(フライト時間は片道約1時間)。

マニラ発マスバテ行きの運賃は1879フィリピンペソ(約4300円)、タブラス行きの運賃は2439フィリピンペソ(約5500円)から。運航会社はセブゴー(セブ・パシフィック航空の完全子会社)。使用機材はATR72-600。
《日下部みずき@レスポンス》