RSS

富士通、ミャンマーで水位把握システム

2017年2月19日(日) 23時53分(タイ時間)
灌漑用水位の情報入力の様子の画像
灌漑用水位の情報入力の様子
写真提供、富士通
【ミャンマー】富士通はミャンマーのタウングー地方で、灌漑(かんがい)用水と河川の水位情報を管理する2種類の実証実験を2016年11月から2017年1月末にかけて行い、実証結果をミャンマー農業畜産灌漑省灌漑局に報告した。

 灌漑施設、灌漑用水、河川に設置した水位目盛りを農家や現場協力者が目視し、スマートフォンの専用アプリケーションに入力。入力時間、GPS(衛星利用測位システム)の情報などから、各地のリアルタイムの水位を把握する。今後、このシステムを利用し、灌漑用水の効率的な配水や河川の氾濫(はんらん)予測を目指す。

 ミャンマーでは灌漑局が水位の情報を電話で住民から聞き、紙に記入しているため、情報の正確さ、即時性に問題があった。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】富士通はミャンマー政府の全22省を対象とするICTに関する職員研修を16日から2回に分けて、計10日間、現地で実施する。

富士通の熱帯雨林再生活動、マレーシア・サバ州で保存林認定newsclip

【マレーシア】富士通は20日、「富士通グループ・マレーシア・エコ・フォレストパーク」として熱帯雨林の再生活動を行ってきたマレーシア・サバ州キナルート地区の土地約150ヘクタールと隣接地、計320ヘ...

インクリメントPと富士通交通・道路データサービス、タイで道路の舗装劣化状況把握技術実証実験newsclip

【タイ】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(東京都文京区)と商用車データ分析、道路データ分析を手がける富士通交通・道路データサービス(東京都港区)は28日、タイで道路の舗装劣化状況把握...

【ベトナム】富士通は20日、ハノイのタンロン工業団地にあるTOTOの衛生陶器工場向けに、原料とひもづけて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを開発し、7月1日に稼働したと発表した。

【ミャンマー】富士通は29日、国際協力機構(JICA)と締結した業務実施契約に基づき、ミャンマー中央銀行向けに国際会計基準(IFRS)に適合した会計システムを構築し、4月に稼働したと発表した。

【シンガポール】富士通研究所は11月1日から2017年末にかけ、シンガポールのイベント施設、スポーツ施設、商業施設で交通の混雑を緩和する実証実験を行う。

特集



新着PR情報