RSS

NEC、東南アジア6カ国対象のサイバー攻撃対処研修

2017年2月19日(日) 23時56分(タイ時間)
【東南アジア】日本電気(NEC)はカンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、ベトナムの公務員約20人を対象とするサイバー攻撃への対処に関する研修を今後3年間、日本で実施する。

 国際協力機構(JICA)から受託した。今年は2月20日から3月3日まで。

 セキュリティ技術の基礎知識、サイバー攻撃の被害と対策に関わる様々な組織、担当者の役割や対処方法、最新のサイバー攻撃による脅威、対策などを教える。
《newsclip》

注目ニュース

NEC、タイ政府職員向けにサイバー防御演習newsclip

【タイ】日本電気(NEC)はサイバー攻撃への対処能力の向上を目的とした演習を12月6―9日、バンコクで行い、タイ政府の職員約50人が参加した。

【インドネシア、シンガポール】日本電気(NEC)は8日、インドネシアとシンガポールを結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「IGG」をインドネシア最大の通信事業者PTテレコムから受注したと発表した。

【タイ】NECは23日、タイの災害警報発出機関である国家災害警報センターと共同で、洪水シミュレーションシステムを活用して浸水区域を予測する実証実験を昨年11月から今年3月までタイ北部のウタラディッ...

【ミャンマー】NECネッツエスアイ(東京都文京区)は25日、ミャンマーに情報通信システムの構築・保守、サービス開発、通信機器販売、技術支援などを手がける合弁会社を設立し、業務を開始したと発表した。...

【カンボジア】日本電気(NEC)は3日、カンボジアで2016年度に開業予定の日本式医療施設サンライズ・ジャパン・ホスピタル・プノンペン(SJH)で使用する多言語対応クラウド型問診サービスを受注した...

【シンガポール】日本電気(NEC)は27日、サイバー攻撃対策の導入運用を支援する拠点をシンガポールに開設したと発表した。



新着PR情報