RSS

「母の葬儀出せない」「子ども病気」 涙の同情詐欺、バンコクのタクシー運転手告発

2017年2月21日(火) 00時46分(タイ時間)
タクシーを運転していた男(青いシャツ)の画像
タクシーを運転していた男(青いシャツ)
写真提供、タイ陸運局
タクシーを運転していた男(青いシャツ)の画像
タクシーを運転していた男(青いシャツ)
写真提供、タイ陸運局
タクシーを運転していた男(青いシャツ)の画像
タクシーを運転していた男(青いシャツ)
写真提供、タイ陸運局
タクシーを運転していた男(青いシャツ)の画像
タクシーを運転していた男(青いシャツ)
写真提供、タイ陸運局
【タイ】タイ運輸省陸運局は17日、虚偽の身の上話で乗客の同情を引き、金銭をだまし取ったとして、タクシーを運転していたタイ人男に1000バーツの罰金を科し、警察に告発した。

 また、男がタクシーの運転免許を持っていなかったことから、タクシーを所有する会社に3000バーツの罰金を科した。

 調べによると、男は15日、タクシーを運転中、泣きながら携帯電話で通話しているように装い、事情を聞いた乗客のタイ人男性教師に、「金がなくて死んだ母の葬式が出せない」などと訴えた。また、助手席で倒れ込むようにして寝ていた子どもについて、「自分の子どもで病気」と嘘を言った。気の毒に思った男性教師はATM(現金自動支払機)で現金を引き出し、男に渡した。

 男性教師がこの出来事をインターネットの交流サイト、フェイスブックに書き込み、スマートフォンで撮影したタクシー車内の写真を公開したところ、同様の手口の詐欺に遭ったという指摘があり、連絡を受けた陸運局が男に事情を聞き、詐欺が発覚した。

 タクシー運転手によるこうした手口の詐欺は以前からある。涙を流すなど迫真の演技を見せる者もあり、タイ語がわかる在住日本人も被害に遭っている。
《newsclip》

注目ニュース

タクシー車内で出産 バンコク・シーロム通りnewsclip

【タイ】17日正午ごろ、バンコク都心のシーロム通りに駐車したタクシーの車内で、ネパール人女性が男児を出産した。通報を受け現場に急行した男性警官が取り上げた。

秒速で料金上昇、「メーター故障」でタクシー会社に罰金 バンコクnewsclip

【タイ】バンコク都内でタクシーを利用したタイ人男性が、メーターの料金の上がりかたが異常に早く、通常60バーツ程度のところ、150バーツ請求されたとして、12日、タイ運輸省陸運局に通報した。

観光タクシーで多言語音声翻訳システムを活用…KDDIなど東京で社会実証newsclip

KDDI、KDDI総合研究所、三和交通、境交通は、「東京観光タクシー」にて、多言語音声翻訳システムを活用した訪日外国人向け社会実証を12月20日より開始する。

【シンガポール】ホンダは12日、複数の人が自動二輪を共同利用する「シェアリング」について、東南アジアのタクシー配車アプリ大手グラブ(シンガポール)と協業を検討すると発表した。

【タイ】バンコク都内で6日、運転をめぐるトラブルから、タクシー運転手のタイ人男(55)が乗用車を運転していたタイ人男性(27)を鉄パイプで殴打し、足を骨折させるなど重傷を負わせた。

タクシー配車アプリ、バンコクでグラブタクシー優勢newsclip

【タイ】タイ国立ラーチャパット大学バーンソムデットチャオプラヤ校が12月2―5日、バンコク都内で実施したアンケート調査(回答者1116人)で、「タクシー配車アプリを使用したことがある」との回答は51...



新着PR情報