RSS

22日から「茨城県フェア」 バンコクの飲食・小売店で

2017年2月21日(火) 00時48分(タイ時間)
 の画像
 
【タイ】食品商社アライドコーポレーション(横浜市)のタイ法人バンコクフードシステムは茨城県と協力し、2月22日から3月21日にかけ、バンコクの飲食店10店で「旨いもの茨城 レストランフェア」、小売店約30店で「茨城いちごフェア」を開催する。

 茨城県は農業生産高が日本国内で北海道に次ぐ2位。今回のフェアで県産農産物の魅力をタイ人や現地駐在員に伝え、消費拡大や認知度向上を図る。

「旨いもの茨城 レストランフェア」はバンコク都内の日本料理店が茨城県産の農産物を使ったオリジナル料理を提供する。参加する店舗は「てっぺん」、「藤花」、「魚むら」、「とんかつ浜勝」、「ばんや本店・はなれ」、「炭火焼 源」、「水琴」、「隠れ家 離れ」、「朋友」ほか1店。

 「茨城いちごフェア」は主にとちおとめを扱う。バンコクフードシステムが仕入れから品質管理、販売まで一元管理し、従来の日本産イチゴより大幅に安い価格で販売する。開催予定の店舗は「サイアムパラゴン」、「エムクォーティエ」、「トップスマーケット」、「フジスーパー」、「東急パラダイスパーク」、「マックスバリュ」など。
《newsclip》

注目ニュース

国際線機内食で北海道産とうもろこしのシチューを…JALがスープストックトーキョーとコラボnewsclip

JALはスープストックトーキョー(東京都目黒区)とコラボレーションし、3月1日から5月31日まで、欧米・豪州線のプレミアムエコノミー・エコノミークラスの機内食で、オリジナルメニューの「北海道産とうもろこし...

昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!newsclip

 輸出額100億円を超える国産農畜産物のうち、牛肉と緑茶が2016年に過去最高を更新したことが、財務省の貿易統計で分かった。和牛の認知度向上や世界的な和食ブームが追い風となり、消費を伸ばした。一方、リ

特集



新着PR情報