RSS

前タイ国王の火葬場着工式、バンコクの王宮前広場で

2017年2月27日(月) 23時09分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
【タイ】故プミポン前タイ国王の火葬場の起工式が27日、プラユット首相、全閣僚、軍・警察幹部らが出席して、バンコクの王宮前広場で行われ、僧侶が読経する中、高さ約22メートルの鋼鉄製の主柱が大型クレーンで垂直に立てられた。

 火葬場は須弥山をイメージしたもので、基部が60メートル四方、高さが50・49メートルに達する。9月までに完成する予定。

 プミポン前国王は昨年10月13日、入院先のバンコクのシリラート病院で死去した。在位70年、88歳だった。遺体はバンコクの王宮に安置され、死後1年後をめどに火葬式が行われる見通し。
《newsclip》

特集



新着PR情報