RSS

東京センチュリー、イオンのタイ・オートリース事業取得

2017年3月1日(水) 01時14分(タイ時間)
【タイ】東京センチュリー(東京都千代田区)は28日、タイに設立する新会社が、イオンフィナンシャルサービス(東京都千代田区)のタイ子会社ACSキャピタル・コーポレーションのオートリース事業を取得すると発表した。

 新会社は「TCカー・ソルーションズ(タイランド)」(仮称、資本金3000万バーツ)で、ACSからリース車両約2500台とリース債権、従業員、営業施設などを取得する。将来的には東京センチュリーのタイ子会社でリース事業を手がけるTISCOトウキョウ・リーシングのオートリース事業も新会社に移管する方針。

 TISCOトウキョウ・リーシングは2013年12月、メンテナンス付きオペレーティングリースを中心に日系企業向けオートリース事業を開始し、すでに車両台数が2000台を超えた。
《newsclip》

注目ニュース

【川崎大輔の流通大陸】タイ、オートリースビジネスの魅力newsclip

タイでオートリースビジネスを行っている通称SMATの代表取締役社長である原邦武氏に、タイにおけるオートリース市場の現状と今後の展望について話を聞いた。

【タイ】興銀リースは11日、同社グループが49%出資するタイのリース会社クルンタイIBJリーシングがタイの同業KTBリースからオートリース事業を取得すると発表した。

【タイ】東京センチュリーリースは2月29日、タイの合弁会社TISCOトウキョウ・リーシングがタイで「ニッポンレンタカー」ブランドでオートリース事業を行うと発表した、

【タイ】東京センチュリーリースは2日、タイの合弁会社TISCOトウキョウ・リーシングが三井物産のタイの連結子会社、ミツイブッサン・オートモーティブ(タイランド)から、オートリース事業のリース車両約...



新着PR情報